工具の世界

・工具

工具というものは、普段の生活で使う機会はなかなか、ありませんよね。

しかし、いざ使うとき工具が無いと、もの凄く不便ですよね。工具はあっても存在感は無く、無いと困るという不思議な存在ですね。

 

1番身近な工具は『ドライバー』だと私は思います。誰でも1度は使ったことがあるんじゃないですかね?

ネジが使われている製品はたくさんあるので、ドライバーを使う機会も多いです。

私の父は車とバイクが大好きで、自分で修理したりいじったりします。そのためにガレージや物置は工具がいっぱいあります。

よく手伝いをしていたので、工具の名前を自然と覚えています。

父親が車・バイクを直すたびに使った工具が散乱してて、いつも私が片付けていました。

最近また、旧車を直し出し工具が散乱しています(´Д`)工具を使ったらきちんと後片付けしましょうね。

ホームセンターへ行くといろんな工具があります。特殊な形のドライバーや見たことも無い工具まで勢ぞろいです。楽しいですね。

また今人気の「DIY」用品まで揃っています。どの工具が必要なのか分からない場合は店員さんに聞きましょう♪

店員さんは色々知っているので良いアドバイスをしてくれます。

販売店のLEDイルミネーションに関しても分からないことがあったら店員さんに訊ねてみましょう。LEDの安全性や性能、耐久性に関して詳しく教えてくれるでしょう。

・用途

工具には様々な使い方があります。物の長さなどを計ったり、物を切ったり、物をつかんだりと用途に応じて工具も変わってきます。

当たり前ですが大工さんが使う工具と自動車ディーラーが使う工具もかわってきます。

のこぎりでも切るもにのよって派の形状が変わってきます。

使い方を間違えると危険なので、用途以外の使い方をしないでくださいね〜。

・値段

工具って結構高いですよね。基本の工具1から工具をそろえるのも良いんですが、それだとお金がかかってしまいます。

そんな時は工具セットを買うといいでしょう。家庭用の基本セットはだいたい3000円くらいからあります。

車などの整備で使う工具セットは内容量によって値段は変わりますが、20000円から高いので70000えんを超えることもあります。

安くても使えますが、質が悪かったり工具がかけたりすることがあります。

使う頻度が多い場合は、高くても質の良いのを買ったほうが良いでしょう。メンテナンス・扱いがよければ何十年も使うことができます。

メーカーによっても値段は変わりますが、保証が付いているメーカーもあります。心強いですよね。

ガス滅菌設備装置<<

・工具箱

工具箱は、大きさも中身も違います。小さな工具などは、仕切りが付いたタイプだと取り出すときも簡単に探すことができます。

長いタイプの工具は縦長の工具箱にしまうと、きれいに並べられます。

工具箱はプラスチック製や、アルミ製があります。留める部分が丈夫なのを選ぶのがポイントです。

工具箱も5000円で、結構良いヤツがありますよ。

国際宇宙ステーション(ISS)が宇宙空間で船外活動を行い、潤滑油が工具箱でこぼれて工具に付いた油をふき取っていて、工具箱から目を放していたら工具箱が、ふわふわ流れてしまい掴むことができず、宇宙空間に工具箱を無くしてしまったことがある。

その工具箱、いくらすると思います?

なんと約10万ドルなんです!!日本円にすると・・・およそ97万円!!なんでこんなに高いんですか!?すごい工具箱ですねぇ〜。

見てみたいですよねぇ!

コンパニオン募集【東京】

葬儀をご検討されている方〔横浜〕

セクシー下着の販売サイト

沖縄青の洞窟でダイビング